スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとにいいのはどっちだ?Windows 8.1タブレットの8" vs 10"

PC Watchの山田さんが最近よく言及されていますが、生活にも大分密着してきたタブレットの次の流れがどこにくるのか、大変興味深いところです。

PC Watch: タブレットの主戦場はどこだ

普通に考えればタブレットOSとしてはiOS, Androidに次ぐ第3勢力のWindowsの隆盛は厳しいのですが、Windows 8.1はOSとしての使い勝手は結構よくなって来ていますし、Full Windows Experienceがプラスでついてくるのはやはり非常にメリットが大きいでしょう。

日本では電車の中では10"は大きい、片手で持つには重い、という背景もあり8"の大攻勢が予想され、私もClover TrailなAcer Iconia W3をしばらくは興奮を持っていいわ・・・と使用していました。
しかし10"も平行して持ち歩いていると、8"で大勢を占めている1280x800という画面情報量ではやはり不足がちに思えてきます。
結局8"はわずか2週間で使わなくなり、防水もあるので使う場所を選ばない10"のQH55/Jのみ使うようになっていました。

8"と10"、それぞれの特徴をまとめるとこんな感じでしょうか。

8"
メリット: 軽い、コンパクト、安い
デメリット: バッテリー容量が小さいため10"に比べると動作時間が短い、便利なFull USB Portの実装がまず望めない、1280x800だと、HWレイアウトのSWキーボード、スナップ機能が使えない。


10"
メリット: 解像度が1366x768より大きいものが多くOfficeの編集作業などもしやすい、画面の情報量が多くタブレットとしてWindowsのフル機能を使いやすい、ファンレス筐体にとって難しい廃熱効率がよく、スペック・パフォーマンスをあげやすい、バッテリー容量が大きい
デメリット: 重い、大きく電車などでは使いにくい、バッテリー・パネル解像度などスペックが充実するため価格が高くなりがち。

私が恐れているのは、8"がいいとみな買い求めしばらく使っているうちに、その8"の欠点のためにWindows Tabletとしての魅力を引き出しきれないユーザが増え、結局せっかくもりがってきたWindows Tabletをタンスの肥やしにしてしまう事態を産みやすいのではないか?、ということです。

なので8"を安易にすすめる最近のメディアの流れは大丈夫かな?と心配しています。
Surface 2などと直接競合するからなのか、MS自身も8"だけOfficeを安くして10"には優遇をしていないのも気にかかります(自滅をまねく?)
ユーザにとっては色んな選択肢が残されていて欲しいため、10"のWindowsタブレットにも個人的には頑張ってもらいたいです。
まぁ、8"で1920x1200くらいあって防水があればそれもまたよしですけどね・・・
タッチがほとんど使えないほど細かくなるのでデジタイザの出来との勝負になりそうですが。

ではまた(=>ω<)ノ

最強お風呂タブレット Arrows Tab QH55/M (WQ1/M)レビュー

お久しぶりです。
Bay trailな新世代Arrows Tabの直販モデルWQ1/M(店頭モデルはQH55/M)が遂に届きましたので、一週間ほど使用したレビュー結果をお届けします。
Arros Tab WQ1M

・画面がきれい
さて、まず最初に立ち上げて思うのは、画面の美しさです。
2560x1600の解像度は伊達じゃありません。
オープニングのメトロ画面は写真が貼り付けてあるのかと思うほどです。

次にタッチで操作しやすくするためにまずゆったり設定miniのアプリを探しましたが見つかりません・・・。
ボタンを押しやすくするいいアプリだったのになぁ。
とりあえずデスクトップ右クリック->画面の解像度->テキストやその他の項目の大きさの変更から、タイトルバーの大きさだけ20ほどにしました。

・快適になった艦これ
早速まず艦これをやってみます。
装備の変更でちょっと引っかかりますが、まぁ普通のパソでもこれは出たりするので。
艦これのFlashのAPI自体に何か問題があるのでしょう。

(2013/11/27のシステムメンテナンスで装備変更動作の軽量化が行われました、これでBay Trailでは死角なし!?)
去年のモデルで起動時に出ていたパフォーマンスの警告ダイアログも出ず、QH55/Jと比べると他の全ての操作は快適過ぎます。
長時間やってると筐体が熱くなって、Burstの2.4GHzが出なくなって少し遅くなる傾向があるように思いますが、筐体は触れないほどにはならないです。
どんだけ重いんじゃ艦これ・・・。

・スクリーンショットがとれるアプリケーションボタン長押し機能が便利
左側一番下にあるボタン(写真では一番右)を短く押すと便利メニュー、長く押すと画面のスクリーンショットが撮れます。
ブログとかに便利かも。
ArrowsTabWQ1M_Left_Side.jpg


・Full USB3.0 Portがありがたい
Full USB3ポートがついた点も見逃せません。
USB Flashを使用したパソとの気軽なデータ交換、大容量バッテリーを活かした携帯への充電と周辺機器の使い勝手は最高です。
写真右から、ACアダプタ差し込み口、Micro USB, USB3.0 FUll, Micro SDポート。
USBPort.jpg


・USB充電機能は補助的
アロタブにはもう一つMicro USBポートがあり、お約束のUSB充電が可能です。
充電速度は本モデルでも遅いようで、1時間半シャットダウン状態で充電して8%回復。
恐らく500mAくらいしか出ていないので、寝る前に繋いで一晩置いておく補助充電機能として捉えるのが良さそうですね。

・便利な指紋認証
お次は新しく追加された指紋認証機能です。
標準で付いているOmni passは苦労して指紋登録をしても、ログイン時に殆ど認証が通りません。
10回やって一回通ればいい方で、耐えかねてアンインストールさせて頂きました。
設定から登録できるwindowsの標準の指紋認証のほうが認識率が高いので実用レベルな印象です。

・Clover TrailなQH55/JのACアダプタが使える。
Bay Trailアロタブ君はACアダプタの直差しが出来るように改良されていますが、前モデルのQH55/Jのアダプタがそのまま使えるのは助かります。

・お風呂で大活躍のデジタイザ
さて、アロタブといえば防水機能を活かしたお風呂での使用ですが、今回から付属になったデジタイザが便利すぎます。
濡れてタッチ操作がしにくくなってきたときでもちゃんと反応するので、お風呂でもちゃんと使い物になるようになりました。
ペンだけIPX2らしいので水没は危険ですけど。

・DQ10が動く
オフィシャルベンチマークをとるとスコアが1400ほどで重いとか結果がでましたが、解像度を小さくすれば普通にプレイ可能でした。
出先での補助的な使い方なら全然行けそうですね。

dq10.png

3DMark Metro版が出ていたのでスコアを測ってみると、QH55/Jに比べてマジで5倍になってました。3000->15000
なんか色々なゲーム動かせそうですね。

QH55M_3DMark.png


総論
100gほど前機種から重量が重くなりましたがパフォーマンスがすごくよくなったのでますます活躍してくれそうです。
他のBay Trailの機種と比べても少し高価ですが、128GBのメインストレージ+4GBメモリのオプションがあるのはいまんとこアロタブだけみたいなので、Bay Trailの魅力を最大限に引き出せますし、長いこと使えていい買い物なんだろうなと思っています。
先日やっと注文できたキーボードとドッキング、早く来ないかなぁ。

ではまた(=>ω<)ノ

Arrows Tab WiFi Q582/F (Win8 + LTE)を買ってみた 其の一

三月半ばに愛機Win8アロタブのWWAN SIMポート付きが出たということで、早速購入して評価してみました。

本機は今のところ富士通web martのみで買えるようで、法人モデルなので会社名なども入力の必要があります。
勢いで購入ページに進んだものの、その価格の高さには流石に躊躇しました。
専用ケースと、USB/HDMIドックを追加購入したものの、オフィスなしでもなんと14万7000円。
本体だけでも13万2000円。
しかしあまりにもアロタブが生活に浸透していることと、WiFiバージョンは譲渡先の目星がついていたことから、思い切って購入!
手続きから二週間ほどで届きました。

本体の重量は586gと、WiFiに比べて30g重くなっていました。
ほんの少し前より重いかな?という程度で、相変わらず他のWin8タブに比べると軽く感じます。


さて、本題のLTEはiPad mini用に使っていたnano SIMに下駄を履かせてMicro SIM化し、それであっさりNTT DOCOMOの接続を確認。
プロバイダにはXiを使用し、データ通信も確認。

つくばだろうと東京だろうと、一旦LTEに繋がると10Mbps超を記録し、ブラウジングやリモートデスクトップなどはもはやどこにいてもWLANの感覚です。やはり内蔵は直ぐネット使えて気分がいいなぁ。

inet speed hibiya

結構LTEの接続エリアも広くなってきているので、私の行動範囲くらいだと3Gをみることのほうがもはやレアです。
因みにいま3G/LTEのどちらに繋がっているかが分かるSierraのツールが付属しています。

Sierra WWAN Tool

次に折角のバッテリーお化けなのでこれをテザリング母艦にしようと色々調べていますが、今のところ安定したsolutionはなし。
仮想ルータソフトやnetshコマンドを上手く使えばできそうなのですが、まだ調査中。
BTテザリングとかもできるといいなぁ。

付属ソフトはほとんどないのでWiFiモデルに比べて他に新しいネタは特にありませんが、やはり付属ソフトが少ないと環境がクリーンな感じがして気分がいいですね。

ではまた

インド滞在でのIT備忘録

1月終盤にに仕事で人生4回目のインド、バンガロール一週間の滞在をしたのでITメモも兼ねて旅のおもひでなど。

仕事柄海外出張も多いですがいつも海外に来て思うのが、"やっぱ日本って最高だな"。

まだ少し苦手なインドへの旅、はじまり、はじまり。

成田からまずは乗り換え先シンガポールまで、今回は巨大ジェットのエアバスA380 by 世界最高評価のシンガポール航空で7時間飛行。
いつも思いますがA380、離陸前の滑走距離長いですねぇ。
すーっと浮いていく巨大な移動式ホテル。

機内で仕事をたっぷりするぜと、いつものようにWin8アロタブとX1 Carbon, iPad miniにPDF, ppt, 動画、音楽などを詰め込み、シートポケットにいれておきます。

まずは機内で大分早く見られる映画をチェック。
Video on demandで映画TEDとトータルリコールを見つけて、そういえばみていないな、と早速観賞。
長距離の飛行機ではノイズキャンセリングヘッドホンと、飛行機の2ピンイヤホン変換コネクタがあるととても快適な時間を過ごせます。
私は大きいヘッドホンは場所もとるし好きじゃないので、SonyのNCイヤホンを普段から鞄に入れて愛用しています。
さて、映画を見ながら食事やらなんやらで、結局一度も持ち込んだデバイスを開かずシンガポールに到着。
時刻は午前3時、ここから朝7時のシルク航空への乗り換えまでしばしの時間つぶしです。

シンガボールのチャンギ空港は24時間稼働している巨大なHUB空港ですが、夜中はターミナル間のモノレールが走っていません。
だいたいいつもバンガロールへの乗り換えは到着したターミナル3から最も遠いターミナル2まで歩かなければならず、今回もやはり結構早歩きで行っても35分ほどかかりました。
あまりにも遠いので初めての時はほんとにこれあってんのかよ!とめちゃ不安になります。
乗り換えで時間が無い方は要注意です。



さて、とりあえず乗り換えゲートを確認して安心したところで、ネットに常にConnectedな私としては起きてるのに4時間ネットに繋がらないなど、不安でたまりません。
今回の手持ちのネットワーク機器はWiFiのみでWin8アロタブ、PC、CareerデバイスはAU iPhone 5, WIMAX Uroad-SS10, ipad mini with Docomo LTE, そしてDocomo Arrows F-10Dの6つ

AU iPhone 5はCDMAモデルなので、ここでは残念ながらNo service
iPad miniも日本でLTE接続可能なモデル1455(いわゆるVerisonモデル)なので、GSM非対応でNo Service...
WIMAXはモチロンアウト
なので、Docomo Android with Arrows F-10Dのローミングで思い切って接続します。
日本の0時から24時間、2980円のパケ放題サービスを解放、テザリングでPCを繋いでしばしネットの世界へ。
4つもCareer契約しててローミング出来たのは一個だけ、トホホ。

乗り換えの出発時刻が近づきあらためて持ち込み荷物のセキュリティチェックを済ませ、いっぱい書くところのあるインドの入国カードを書き終え、無事A320に乗り換え完了。
ほとんどはインドの方らしき人、あと中国韓国系と思われる方がちらほら。
今回は後のほうの座席だったのでベジタリアン向けのメニューしか残ってないと言われ、カレーとヨーグルトをひとくち食べて朝ご飯終了。
約4時間のフライトで、朝はとても混雑するバンガロール国際空港の上空まで来てぐるぐる回って待機すること1時間、ようやく空港に着陸です。



外に出ると、

暑っ・・・。

朝9時ですが気温は既に25度ほどにはなっています。
タクシー(゚Д゚)!タクシー(゚Д゚)!と叫ぶ客待ちのドライバーで混雑する空港出口から出て、頼んであったホテルからの迎えのタクシーに乗り込みます。
IT系企業がひしめくBangalore中心部からちょい南部にある目的のホテルまでは、距離こそ40kmないくらいですが、所要時間は約2時間。
急激に発展したバンガロールでは、整備が進んでいない道路に対してとんでもなく人と車が多く、日本なら片側3,4車線かなと思うところに7台くらい車が横並びです。



あと牛が神様なので、道路の真ん中で平気で寝てたりして驚きますが、なかなか微笑ましい光景です。

車中さっそくまたローミングを解放しようとしますが、やはりGSMサービスのみのようでDocomo Arrows君しか繋がらず。
Androidは使い続けるとどんどん発熱して鬼のように電池が減るので辛いところです。
やはり海外行くときはGSM版のiPhoneを持ち歩きたいところですね。
USではレンタカー+アンドロイドナビがかなり最強
なんですけどね。
ちなみに以前ローカルSIMの入手を試みましたが、難しそうであきらめました。
ちょっと高くつきますがネットが必須なときはローミングで対応しています。

仕事場に無事到着し、インドの仲間達と久々の対面を果たしいくつかミーティング。
1日を無事終えて、ホテルGrand Floorのバーでひとり、King Fisherというなかなかおいしいビールを頂きます。
ちなみにインドでは(バンガロールしかきたことないので全土かどうかわかりませんが)、1階のことを"Grand Floor"などと呼びます。
"1st Floor"というと、2F, "2nd Floor"はいわゆる3階なので、待ち合わせのなどの際には注意です。

そしてインド滞在中、もっともきをつけるべきは水です。
敏感な人は部屋の洗面台の水で歯を磨く、とかシャワーを浴びるだけで腹痛で寝込む実例も。
私のいつも滞在するホテルは新しいところなので朝食のバイキングはなにを食べても大丈夫な感じでしたが、インド初めての方は水・氷・生野菜・フルーツなどには細心の注意を払ってください。
ありがちなのがジュースなどに入っている氷で、知り合いがこれにやられて一週間以上寝たきり、というエピソードも聞いています。
基本火を通したものなどを食べていれば大丈夫なのですが、これだとかなりレパートリーが減ってきて、タンドリーチキンとカレーとナンとサフランライスばっかりになります。
なので私の場合にはインド旅行では大量のカロリーメイト、ウィダー、スナック菓子などを持参します。
朝昼晩カレーと肉ばっかりでは滅入るので、昼はカロリーメイトとウィダーで済ませます。
インド料理は美味しくて大好きなのですが、さすがに本気で食べるのは1日1回が限界ですね。

あ、そういえばバンガロールでは1日に10回くらいの停電は当たり前なので、BIOSアップデートなど電気が切れてこまる作業の際にはおきをつけください。


無事一週間の旅を終え、帰国の途に。
今回は週末に観光などもしたかったのですが、渡航前の日本でカイロプラクティックで痛めてしまった首が痛すぎてあきらめました。



ざっくりまとめると、インド行くときはGSM iPhoneとウィダーの持参が大事、ということで。

ではまた(=>ω<)ノ

iPad mini with Docomo LTEは最強テザリング母艦の夢を見るか?

新年あけましておめでとうございます。
今年2013年はPC業界にとって大きな転換期となる1年であります。
売れるかどうかは正直別問題かと思っていますが・・・。
とりあえず今年も叱られない程度に色々書いていけるといいなぁ、と思っています。

さて、今回は愛しのWin8アロタブネタではなく、iPad miniです。

ようやくSIM FreeのiPad miniが手に入り、コンパクトな常時接続タブレットがLTEテザリング母艦にもなるかも、ということで、早速Docomo LTE接続を試してみました。



まず必要なのがDocomo band 1(2100MHz) に対応したmodel 1455。いわゆるVerison版ですね。
どこかのサイトの事前情報でcellularモデルは今回一種類と間違った認識をしており、注文した後1454のAT&Tモデルでは駄目と知って焦りましたが、届いて恐る恐る確認すると1455。
今までの感覚だとCDMAではなくGSM版の所謂AT&Tモデルを買ってしまうかもしれないので、要注意です。
ともあれ、まずは第一関門突破です。

さて、第二関門はNano SIMの確保
いままでSIM Free iPad 2で使用していたDocomoのMicro SIMを、SIMカッターを使用して加工してみました。



問題なく認識、まず3Gには繋がりました。
いつものようにAPN設定はopen.mopera.net。



さて、やはりwebでも書かれている通り、LTEをサポートしているエリアにも関わらず、表示は3Gのままです。

iOS versionは6.0.2。
色々ググってみて試した結果、下記を行うことで無事LTE接続が出来ました。

・設定のモバイルデータ通信で、データローミングを有効にする
・設定をバックアップする
・一度iTunesiPad miniの復元をして、iPad2,7_6.0.2_10A8500_Restore.ipswを手に入れる。
入手したipswファイルはWin7では"C:\Users\(ユーザー)\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPhone Software Updates"に保存されているので、一応デスクトップなどの別フォルダにもコピー。
shift+更新を確認、でさっきの ファイルからリカバリする

 shift+復元では何度やっても3Gしかつながりません、注意です。

以上で無事LTEの表示が!

速度を測ってみるとこんな感じでした。
テザリングも無事完了。



速度はこのくらいしかまだ見たことありませんが、田舎なのでなんとも。
次回は最近話題のBTテザリングの使い勝手などまとめる予定です。

ではまた(=>ω<)ノ
カウンタ
プロフィール

ふぃお

Author:ふぃお
IT企業でエンジニアをしています。
皆さんのお役に立てる板を目指しています。
Twitter @Fiomina

今んとこのカバー内容
・WIN小ネタ
・各種ガジェット
・ポケモンGo
・艦これ

現在のレギュラーガジェット
・PC: Let's Note RZ5 (Skylake)
・携帯: Xperia X compact, Zenfone 3 Deluxe

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。