スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows自動ログイン機能で非サービス型サーバアプリを自動起動させる

Windows XPあたりより、複数のユーザを作るかユーザのログインパスワードを設定すると、起動時にはまずユーザ選択・パスワード入力画面がでます。

ログインする前の段階では所謂スタートアップにショートカット登録などされているプログラムなどはまだ動きません。
この段階からアプリを自動的に起動するには、所謂”サービス”登録の出来るアプリである必要があります。

しかしサーバーアプリの中にはこのサービス登録をシェアウェア版にしか搭載していない場合が多々あり、フリー版でもこういったアプリ(代表的なソフトはDynamic DNS自動更新ツール、DICEなど)をスタートアップに登録して動かすため、起動時にPCを特定アカウントで自動ログインをさせるという方法があります。

まず、”ファイル名を指定して実行”画面を出します(WIN+R)。
入力画面に、

Control userpassowords2

と入力して実行します。

ControlUserpasswords2.png

設定画面が出たら、"ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザ名とパスワードの入力が必要"のチェックを外して"適用"を押します。

Loginsetting.png

すると、このようなユーザー名・パスワード入力画面が出ます。

InputUserInfo.png

入力してOKすれば、PCは次回起動時から入力ユーザー・パスワードで自動ログインをします。

ちなみにこの方法だと起動時に特定のユーザアカウントで自動的にログインし、デスクトップが表示されてしまいますので、他の方に操作されたくない場所ではこの方法は危険です。
リスクを踏まえた上で使いましょう。

ではまた(=>ω<)ノ
スポンサーサイト

コメント

Secret

カウンタ
プロフィール

ふぃお

Author:ふぃお
某プロセッサメーカーでエンジニアをしています。
皆さんのお役に立てる板を目指しています。
Twitter @Fiomina

今んとこのカバー内容
・WIN小ネタ
・各種ガジェット
・ポケモンGo
・艦これ

現在のレギュラーガジェット
・PC: Let's Note RZ5 (Skylake)
・Tablet: Sony Xperia Z3 Tablet Compact
・携帯: Fujitsu F-04G (Docomo) iPhone 6s+ (IIJ) , Xperia Z5 Premium (DTI)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。