インド滞在でのIT備忘録

1月終盤にに仕事で人生4回目のインド、バンガロール一週間の滞在をしたのでITメモも兼ねて旅のおもひでなど。

仕事柄海外出張も多いですがいつも海外に来て思うのが、"やっぱ日本って最高だな"。

まだ少し苦手なインドへの旅、はじまり、はじまり。

成田からまずは乗り換え先シンガポールまで、今回は巨大ジェットのエアバスA380 by 世界最高評価のシンガポール航空で7時間飛行。
いつも思いますがA380、離陸前の滑走距離長いですねぇ。
すーっと浮いていく巨大な移動式ホテル。

機内で仕事をたっぷりするぜと、いつものようにWin8アロタブとX1 Carbon, iPad miniにPDF, ppt, 動画、音楽などを詰め込み、シートポケットにいれておきます。

まずは機内で大分早く見られる映画をチェック。
Video on demandで映画TEDとトータルリコールを見つけて、そういえばみていないな、と早速観賞。
長距離の飛行機ではノイズキャンセリングヘッドホンと、飛行機の2ピンイヤホン変換コネクタがあるととても快適な時間を過ごせます。
私は大きいヘッドホンは場所もとるし好きじゃないので、SonyのNCイヤホンを普段から鞄に入れて愛用しています。
さて、映画を見ながら食事やらなんやらで、結局一度も持ち込んだデバイスを開かずシンガポールに到着。
時刻は午前3時、ここから朝7時のシルク航空への乗り換えまでしばしの時間つぶしです。

シンガボールのチャンギ空港は24時間稼働している巨大なHUB空港ですが、夜中はターミナル間のモノレールが走っていません。
だいたいいつもバンガロールへの乗り換えは到着したターミナル3から最も遠いターミナル2まで歩かなければならず、今回もやはり結構早歩きで行っても35分ほどかかりました。
あまりにも遠いので初めての時はほんとにこれあってんのかよ!とめちゃ不安になります。
乗り換えで時間が無い方は要注意です。



さて、とりあえず乗り換えゲートを確認して安心したところで、ネットに常にConnectedな私としては起きてるのに4時間ネットに繋がらないなど、不安でたまりません。
今回の手持ちのネットワーク機器はWiFiのみでWin8アロタブ、PC、CareerデバイスはAU iPhone 5, WIMAX Uroad-SS10, ipad mini with Docomo LTE, そしてDocomo Arrows F-10Dの6つ

AU iPhone 5はCDMAモデルなので、ここでは残念ながらNo service
iPad miniも日本でLTE接続可能なモデル1455(いわゆるVerisonモデル)なので、GSM非対応でNo Service...
WIMAXはモチロンアウト
なので、Docomo Android with Arrows F-10Dのローミングで思い切って接続します。
日本の0時から24時間、2980円のパケ放題サービスを解放、テザリングでPCを繋いでしばしネットの世界へ。
4つもCareer契約しててローミング出来たのは一個だけ、トホホ。

乗り換えの出発時刻が近づきあらためて持ち込み荷物のセキュリティチェックを済ませ、いっぱい書くところのあるインドの入国カードを書き終え、無事A320に乗り換え完了。
ほとんどはインドの方らしき人、あと中国韓国系と思われる方がちらほら。
今回は後のほうの座席だったのでベジタリアン向けのメニューしか残ってないと言われ、カレーとヨーグルトをひとくち食べて朝ご飯終了。
約4時間のフライトで、朝はとても混雑するバンガロール国際空港の上空まで来てぐるぐる回って待機すること1時間、ようやく空港に着陸です。



外に出ると、

暑っ・・・。

朝9時ですが気温は既に25度ほどにはなっています。
タクシー(゚Д゚)!タクシー(゚Д゚)!と叫ぶ客待ちのドライバーで混雑する空港出口から出て、頼んであったホテルからの迎えのタクシーに乗り込みます。
IT系企業がひしめくBangalore中心部からちょい南部にある目的のホテルまでは、距離こそ40kmないくらいですが、所要時間は約2時間。
急激に発展したバンガロールでは、整備が進んでいない道路に対してとんでもなく人と車が多く、日本なら片側3,4車線かなと思うところに7台くらい車が横並びです。



あと牛が神様なので、道路の真ん中で平気で寝てたりして驚きますが、なかなか微笑ましい光景です。

車中さっそくまたローミングを解放しようとしますが、やはりGSMサービスのみのようでDocomo Arrows君しか繋がらず。
Androidは使い続けるとどんどん発熱して鬼のように電池が減るので辛いところです。
やはり海外行くときはGSM版のiPhoneを持ち歩きたいところですね。
USではレンタカー+アンドロイドナビがかなり最強
なんですけどね。
ちなみに以前ローカルSIMの入手を試みましたが、難しそうであきらめました。
ちょっと高くつきますがネットが必須なときはローミングで対応しています。

仕事場に無事到着し、インドの仲間達と久々の対面を果たしいくつかミーティング。
1日を無事終えて、ホテルGrand Floorのバーでひとり、King Fisherというなかなかおいしいビールを頂きます。
ちなみにインドでは(バンガロールしかきたことないので全土かどうかわかりませんが)、1階のことを"Grand Floor"などと呼びます。
"1st Floor"というと、2F, "2nd Floor"はいわゆる3階なので、待ち合わせのなどの際には注意です。

そしてインド滞在中、もっともきをつけるべきは水です。
敏感な人は部屋の洗面台の水で歯を磨く、とかシャワーを浴びるだけで腹痛で寝込む実例も。
私のいつも滞在するホテルは新しいところなので朝食のバイキングはなにを食べても大丈夫な感じでしたが、インド初めての方は水・氷・生野菜・フルーツなどには細心の注意を払ってください。
ありがちなのがジュースなどに入っている氷で、知り合いがこれにやられて一週間以上寝たきり、というエピソードも聞いています。
基本火を通したものなどを食べていれば大丈夫なのですが、これだとかなりレパートリーが減ってきて、タンドリーチキンとカレーとナンとサフランライスばっかりになります。
なので私の場合にはインド旅行では大量のカロリーメイト、ウィダー、スナック菓子などを持参します。
朝昼晩カレーと肉ばっかりでは滅入るので、昼はカロリーメイトとウィダーで済ませます。
インド料理は美味しくて大好きなのですが、さすがに本気で食べるのは1日1回が限界ですね。

あ、そういえばバンガロールでは1日に10回くらいの停電は当たり前なので、BIOSアップデートなど電気が切れてこまる作業の際にはおきをつけください。


無事一週間の旅を終え、帰国の途に。
今回は週末に観光などもしたかったのですが、渡航前の日本でカイロプラクティックで痛めてしまった首が痛すぎてあきらめました。



ざっくりまとめると、インド行くときはGSM iPhoneとウィダーの持参が大事、ということで。

ではまた(=>ω<)ノ
スポンサーサイト
カウンタ
プロフィール

ふぃお

Author:ふぃお
IT企業でエンジニアをしています。
皆さんのお役に立てる板を目指しています。
Twitter @Fiomina

今んとこのカバー内容
・WIN小ネタ
・各種ガジェット
・ポケモンGo
・艦これ

現在のレギュラーガジェット
・PC: Let's Note RZ5 (Skylake)
・携帯: Xperia X compact, Zenfone 3 Deluxe

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR