CPUリミッターを解除したArrows Tab WiFi QH55/Jが快適すぎる

遂に発売しました、Windows 8 Connected Standby対応のFujitsu Arrows Tab WiFi WQ1/J, QH55/J。

Clover TrailはSurface RTなどと違い従来のWindowsで動いていたプログラムの多くをそのまま動作可能なデスクトップモードを持つ上、ARM系同様のアイドル省電力機能があり、Fujitsu WQ1/QH55ではおまけに防水機能付きと、PCとタブレットの有り様に新たな存在感を示す可能性を秘めています。

日本ではイメージが悪いAtomを搭載していることは購入の敷居を上げているかと思いますが、Clover TrailのAtomは従来の2 Chip (CPU+Chipset)からSoC 1 chip (TDP 1.7W)になり、最大の懸念だったメモリ帯域もCore2レベルにまであがっているため実はとても高速な上、消費電力の高いSATAやPCIeなどを排除し、電力当たりの性能、アイドル時の消費電力共に従来より大きく改善されています。

と、いいところばかりを挙げていますが、QH55を楽しむ上では一点だけ注意すべき事があります。

実はこのQH55/Jの初期設定ではプロセッサ周波数は、DCモード(バッテリ駆動)の時は本来Turbo込みで1.8GHzのところ、半分の0.9GHzほどに抑えられてしまいます。(初期ロットだけ?)
タスクマネージャで、クレードルを外す前と後で何か作業をさせてCPU周波数変化を見るとよくわかると思います。
タブレットの場合、充電時以外は手に持ってタッチで作業する時間がほとんどだと思われますので、本来の能力を発揮できないこの初期設定は非常にもったいないです。

[解決策]
そこで折角のプロセッサパワーを最大限に活かすため、管理者モードのコマンドプロンプトから下記を実行しましょう。(このままコピペしてください)

C:\> powercfg /SETDCVALUEINDEX 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 54533251-82be-4824-96c1-47b60b740d00 bc5038f7-23e0-4960-96da-33abaf5935ec 100

GUIDが含まれているため怪しげなコマンドになっていますが、意味は"電源管理でDCモード時の最大プロセッサパフォーマンスを100%にしてくれ"という感じです。
初期値はこれが50%(16進数で0x32)になっている、ということですね。
このコマンド実行後、"powercfg /q"コマンドで下記の"現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000032"の部分が0x00000064となっていれば成功です。

電源設定の GUID: bc5038f7-23e0-4960-96da-33abaf5935ec (最大のプロセッサの状態)
GUID エイリアス: PROCTHROTTLEMAX
利用可能な設定の最小値: 0x00000000
利用可能な設定の最大値: 0x00000064
利用可能な設定の増分: 0x00000001
利用可能な設定の単位: %
現在の AC 電源設定のインデックス: 0x00000064
現在の DC 電源設定のインデックス: 0x00000032


よく分からない方のために、タッチで実行するだけで設定可能なBATファイルを準備してみました。
リンク: BATファイル置き場
ファイルダウンロード後、右クリック->管理者として実行して再起動してみてください。

タスクマネージャのCPU速度を見ても、1.76GHzなどが出るようになっているはずです。
実行後、全ての動作が明らかに高速になっていることが体感できると思います。
この設定はWin8電源設定で項目が隠されている、バランスのデフォルトプロファイルのDCモードの最大プロセッサパフォーマンスが50%にされてしまっていることが原因で、Win7ではこの設定変更がマウスなど気軽に変更出来ていたので、特に危ない設定というわけではありません。
一度完了すると再起動などをしても残ります。
例外として電源管理設定がデフォルトに戻る可能性のあるサービスパック追加後などはご注意ください。

またこの設定の懸念として熱やバッテリーライフへの悪影響などを考えてしまいますが、実際には規定周波数以下では中途半端に周波数を下げても発熱が必ずしも激減するわけでもありません。
反対に処理速度が速ければタスクは早く終了し、圧倒的に電力の低いアイドルモードに素早く移行できるため、むしろバッテリーライフは、個々のUsageにもよりますが実Useケースで伸びる傾向になるはずです。

Peopleなどの少し重いWin8 UIアプリでは、プロセッサパワーが足りないと途中でアプリが落ちちゃったりします。
実行後はとても快適になり、アプリが落ちることもなくなると思います。
ぜひこの設定を行ってより素晴らしいQH55ライフをお過ごしください。

ではまた(=>ω<)ノ
スポンサーサイト

Win8 Connected Standbyの衝撃

明日2012/11/22、遂に発売になる富士通 Arrows Tab WiFi QH-55/Jは、Windows Note PCにとって最大の転換期と私が考える歴史的な機能を備えています。

その名もConnected Standby
Connected Standbyとは(英語:MSサイトより)
(MS Japanさん、こんな大事なこと日本語版も載せようよ)

ごく簡単に言えば上記サイトにも書いてあるとおり、PCにスマートフォンのパワマネモデルの概念を導入した技術です。
PCはWindowsを立ち上げた状態で放置すると最新プラットフォームのIvy Bridgeといえど8時間たたないうちにバッテリーはなくなってしまいます。
かといってPCを仕事などで使う場合には頻繁にシャットダウンなどはしていられないので、使用しない時にはスリープとかスタンバイと呼ばれる省電力ですぐ復帰できる、専門用語ではS3という状態にして運用される方も多くいらっしゃると思います。
このS3の状態ではPCはほとんどの動作を停止していますが、バッテリーは約70 ~ 100時間でなくなります。
設計思想は、金曜夜S3にいれて退社し、仕事に戻る月曜日朝になってパソコンを復帰させてもバッテリーがなくならないように、というものです。

一方でスマートフォン、携帯、タブレットなどは画面を消してもメールや電話の着信が受けられるアクティブな状態にもかかわらず、長いものは充電せずに2,3日以上バッテリーをもたせることができます。
最近のスマホは実際には1日もたない場合がほとんどですが・・・。

Connected Standbyは別名S0ix(エスゼロアイエックス)とも呼ばれますが、PCの世界でも、一見画面が消えているだけのアクティブな動作状態(S0)のまま非常に低消費電力な状態(S0i1, i2, i3など)を実現したものです。
技術的には、単にプロセッサ、チップセット側が周辺機器も含めた全てのデバイスを強制的に眠らせていたS3と違い、S0i3では決まった時刻のみ示し合わせて周辺機器とプロセッサ側がたまに同時に眠りから覚めてお互いの状態を確認することとし、お互いが低消費電力な睡眠状態でいられる時間をより長くする工夫が施されています。

iPhone, Androidでは既に実現しているこの技術ですが、PC(x86)の世界ではIntel Clover Trailが初となります。
パワーボタンを押す、規定のアイドル時間に達するなどしますと、ほどなくS3以下の超低消費電力状態、S0i3に入ります。
この状態で放置してもメール受信やネットワーク接続は基本的に継続し、しかもバッテリーは長いもので30日持ちます。
ユーザーがバッテリー容量を気にしてパソコンをシャットダウンする、といった作業が必要なくなる画期的な機能なのです。

Clover Trailでも使用されているAtomは、動きが遅い、アイドル時の消費電力が大きい、など散々なイメージも過去にはありましたが、高速なメモリ設計、チップセットの統合、軽量設計なWindows 8などとあいまって、Clover Trailのユーザー体験は過去のAtomのイメージを払拭しうる楽しいプラットフォームに仕上がっています。
最高のトランジスタ微細化技術で無骨に一途に性能と低消費電力を求めてきたインテルが本気で作成した最初のタブレット用SoC、是非ご賞味下さいませ。

では、また(^-^)/
カウンタ
プロフィール

ふぃお

Author:ふぃお
IT企業でエンジニアをしています。
皆さんのお役に立てる板を目指しています。
Twitter @Fiomina

今んとこのカバー内容
・WIN小ネタ
・各種ガジェット
・ポケモンGo
・艦これ

現在のレギュラーガジェット
・PC: Let's Note RZ5 (Skylake)
・携帯: Xperia X compact, Zenfone 3 Deluxe

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR