スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Win8 Connected Standbyの衝撃

明日2012/11/22、遂に発売になる富士通 Arrows Tab WiFi QH-55/Jは、Windows Note PCにとって最大の転換期と私が考える歴史的な機能を備えています。

その名もConnected Standby
Connected Standbyとは(英語:MSサイトより)
(MS Japanさん、こんな大事なこと日本語版も載せようよ)

ごく簡単に言えば上記サイトにも書いてあるとおり、PCにスマートフォンのパワマネモデルの概念を導入した技術です。
PCはWindowsを立ち上げた状態で放置すると最新プラットフォームのIvy Bridgeといえど8時間たたないうちにバッテリーはなくなってしまいます。
かといってPCを仕事などで使う場合には頻繁にシャットダウンなどはしていられないので、使用しない時にはスリープとかスタンバイと呼ばれる省電力ですぐ復帰できる、専門用語ではS3という状態にして運用される方も多くいらっしゃると思います。
このS3の状態ではPCはほとんどの動作を停止していますが、バッテリーは約70 ~ 100時間でなくなります。
設計思想は、金曜夜S3にいれて退社し、仕事に戻る月曜日朝になってパソコンを復帰させてもバッテリーがなくならないように、というものです。

一方でスマートフォン、携帯、タブレットなどは画面を消してもメールや電話の着信が受けられるアクティブな状態にもかかわらず、長いものは充電せずに2,3日以上バッテリーをもたせることができます。
最近のスマホは実際には1日もたない場合がほとんどですが・・・。

Connected Standbyは別名S0ix(エスゼロアイエックス)とも呼ばれますが、PCの世界でも、一見画面が消えているだけのアクティブな動作状態(S0)のまま非常に低消費電力な状態(S0i1, i2, i3など)を実現したものです。
技術的には、単にプロセッサ、チップセット側が周辺機器も含めた全てのデバイスを強制的に眠らせていたS3と違い、S0i3では決まった時刻のみ示し合わせて周辺機器とプロセッサ側がたまに同時に眠りから覚めてお互いの状態を確認することとし、お互いが低消費電力な睡眠状態でいられる時間をより長くする工夫が施されています。

iPhone, Androidでは既に実現しているこの技術ですが、PC(x86)の世界ではIntel Clover Trailが初となります。
パワーボタンを押す、規定のアイドル時間に達するなどしますと、ほどなくS3以下の超低消費電力状態、S0i3に入ります。
この状態で放置してもメール受信やネットワーク接続は基本的に継続し、しかもバッテリーは長いもので30日持ちます。
ユーザーがバッテリー容量を気にしてパソコンをシャットダウンする、といった作業が必要なくなる画期的な機能なのです。

Clover Trailでも使用されているAtomは、動きが遅い、アイドル時の消費電力が大きい、など散々なイメージも過去にはありましたが、高速なメモリ設計、チップセットの統合、軽量設計なWindows 8などとあいまって、Clover Trailのユーザー体験は過去のAtomのイメージを払拭しうる楽しいプラットフォームに仕上がっています。
最高のトランジスタ微細化技術で無骨に一途に性能と低消費電力を求めてきたインテルが本気で作成した最初のタブレット用SoC、是非ご賞味下さいませ。

では、また(^-^)/
スポンサーサイト

Windows自動ログイン機能で非サービス型サーバアプリを自動起動させる

Windows XPあたりより、複数のユーザを作るかユーザのログインパスワードを設定すると、起動時にはまずユーザ選択・パスワード入力画面がでます。

ログインする前の段階では所謂スタートアップにショートカット登録などされているプログラムなどはまだ動きません。
この段階からアプリを自動的に起動するには、所謂”サービス”登録の出来るアプリである必要があります。

しかしサーバーアプリの中にはこのサービス登録をシェアウェア版にしか搭載していない場合が多々あり、フリー版でもこういったアプリ(代表的なソフトはDynamic DNS自動更新ツール、DICEなど)をスタートアップに登録して動かすため、起動時にPCを特定アカウントで自動ログインをさせるという方法があります。

まず、”ファイル名を指定して実行”画面を出します(WIN+R)。
入力画面に、

Control userpassowords2

と入力して実行します。

ControlUserpasswords2.png

設定画面が出たら、"ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザ名とパスワードの入力が必要"のチェックを外して"適用"を押します。

Loginsetting.png

すると、このようなユーザー名・パスワード入力画面が出ます。

InputUserInfo.png

入力してOKすれば、PCは次回起動時から入力ユーザー・パスワードで自動ログインをします。

ちなみにこの方法だと起動時に特定のユーザアカウントで自動的にログインし、デスクトップが表示されてしまいますので、他の方に操作されたくない場所ではこの方法は危険です。
リスクを踏まえた上で使いましょう。

ではまた(=>ω<)ノ

至高のWindows 7ショートカット

私が普段良く使用しているWindowsのショートカットを備忘録兼ねて紹介します。
コピペとかはもちろん省略します(´Д` )

- Win + L
コンピュータをロックします。
会社で席を立つ時によく使います。

- Win + P
マルチディスプレイセッティングを呼び出します。
プレゼンの時とか便利です。

- Win + カーソルキー
上で最大化
下で最大化解除または最小化
右か左でウインドウを画面半分の大きさにします。二つの画面を比較する時とか便利です。
更に左右を押すと、マルチディスプレイの場合隣の画面にウインドウが移ります。Win + MやDはこのカーソル系が便利なので7になってからは使わなくなりました。

- Win + R
ファイル名を指定して実行をします。

cmd: コマンドプロンプト

regedit: レジストリエディタ

mspaint: ペイントアプリを呼び出します。Print Screenで画面キャプチャした後にはこれ。因みにAlt + Print Screenで今アクティブなウインドウだけキャプチャするので便利です。
MS Onenoteをインストールしている方は、Win + Sキーを使うと範囲指定してキャプチャ出来るので、これも良いです。

mstsc: リモートデスクトップ

¥¥で始まるUACパス: ネットワークフォルダをエクスプローラで開きます。結構速くていいです。
¥¥コンピュータ名 であることが多いです。

マウス系
- Ctrl + Shiftを押しながらプログラムアイコンをクリック

プログラムを管理者モードで実行できます。コマンドプロンプトとかでよく使います。

- Ctrl押しながらファイルをドラッグ
同じドライブ内でドラッグしてしまうと普通は移動になってしまいますが、Ctrlキーを押すことでコピーになります。
ここでさらに、Ctrl + Shiftキーを押すと、ショートカットを作成出来ます。

新しいのあったら追記していきます。
オススメショートカットありましたら是非教えてください。

ではまたd(^_^o)

ISOファイルをファイルで焼いてしまった時のがっくり感がすごい

Windows 7でISOファイルのイメージライターが内蔵されたのはとても喜ばしいことのはずなのですが、しばらくやってないとファイルとしてつい焼いてしまう間違いをしちゃうのがつらい・・・

ISO writer

ただのぼやきになってしまってますね。
ではネタをひとつ。

ISOファイルを単なるイメージファイルとして考えると、音楽ファイルもバックアップできそうなものですが、基本できません。
音楽ファイルはCD maniplatorなどのフリーソフトをつかって、Cue+binで抜きましょう。

http://www.storeroom.info/cdm/

ちなみに、ソフトは十分使用できますが開発は既に止まってます。
単純なコピーが出来ないCCCD (Copy Control CD)などはCDAやAlcohol 120%などがお薦めですが、CCCDは不評により最近ずいぶん減って来たのであまり気にする必要はないでしょう。

ではまた。

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

やっぱワンクリックで再起動っすよ

最近立て込んでて平日では仕事終わらなかったので、今週末は会社のラボで独りお客さんの問題解析ちゅう。
iPhoneを忘れてジャズ聞きながら出来ないのがツライ・・・。

今日はある条件でひたすら再起動/シャットダウンを繰り返す実験なのですが、スタートからマウスをクリックして再起動などめんどくさ過ぎるので、再起動、シャットダウンのショートカットをタスクバーに作ってみました。

[やり方:再起動]
1. デスクトップで右クリック -> 新規作成 -> ショートカット

2. 入力欄に下記を入力

 再起動の場合: shutdown /r /t 0
 シャットダウンの場合: shutdown /s /t 0

リブートショートカット作成画面

ちなみに /t 0 は0秒後に即座にそれを行えという意味です。

3. デスクトップにショートカットが出来たら、まず味気ないアイコンをプロパティから変えましょう。(余計なお世話)

4. ショートカットを右クリック -> タスクバーに表示などしておけば、ウインドウが開いていてもいつでもアクセス出来るので便利。

ちなみに、ハイバネーションも/hオプションで出来るのですが、スタンバイを出来るようにするには色々難しそう。
ちまたによくやり方が載っていますが、正確な物はまだみたことありません。
発見したら掲載します。
今はスタンバイはとりあえずWin7ガジェットでやってます。

つづく

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

カウンタ
プロフィール

ふぃお

Author:ふぃお
IT企業でエンジニアをしています。
皆さんのお役に立てる板を目指しています。
Twitter @Fiomina

今んとこのカバー内容
・WIN小ネタ
・各種ガジェット
・ポケモンGo
・艦これ

現在のレギュラーガジェット
・PC: Let's Note RZ5 (Skylake)
・携帯: Xperia X compact, Zenfone 3 Deluxe

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。