スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ポケモンGO] 移動中スマホは宮本武蔵"観の目"を鍛えてからにすべし

移動中ポケモンGOに夢中になって事故が多発し、警察が取り締まったり社会問題になっていますね。
移動中スマホは確かに危険なのですが、現実的には地図をみながら目的地に移動したり、ついスマホを注視してしまう世の中になっていることは確かです。
運転中カーナビの案内を見る一瞬も危険は同じでしょう。

なので、移動中スマホをしても危険を軽減できる方法も模索しましょう
私がオススメするのは集中の方法の一種で、宮本武蔵の兵法書「五輪書」にも登場する"観の目"を身につけることです。
とても大事な技術だと思うのですが、最近私のマイブームな100分de名著の五輪書特集では一瞬だけしか触れられて無くてちょっと残念でした。
私が大好きな漫画、うしおととらにも"穿心"という似たような概念が登場します。
極端な例ですが、漫画ドラゴンボールで大きくなったばかりの悟空が天下一武道会で天津飯と対戦したとき、分身して後にいるのに手刀で狙っていると指摘する場面がありますが、それも近いと思います。
速読などでもそうですが、どの分野でも達人の域に到達する課程で類似の表現が多々登場します。

Musashi Eye


ちょっとオカルト的な感じもしますが、実は意識してトレーニングすれば身につけることが出来、日常生活にもものすごく応用範囲が広いです。

五輪書で説明されている内容はその感覚を理解できている人でないと難しい表現になっていますが、私はうしおととらの中のこの表現が分かりやすいと思っています。

”集中し、なおかつ心をひとつところに留めぬこと”

観の目の取得が出来ると、私が感じる限り最低でも下記の副産物があります。
・車の運転が上手になる
・後の車がウインカーを出したことを、普通に前を見て運転中瞬時に認知できます
・私の場合は前後左右計9台の動きが常に見えていて、運転手が首を振って左右を見たりしてもすぐにわかるので危険予測に大変役立っていると思います
・心が静かになるので、日常生活でイライラすることが少なくなる
・車に酔わなくなる
・スマホ老眼にならなくなる
(長時間のパソコン作業でも目が疲れにくくなる)

穿心(この表現が好きなので以後使用します)の会得方法
・車を運転する方
 やること自体は単純です。
 普段は当然前を向いて運転していますが、フロントガラスの情報には当然注意しつつ、意識を左右のサイドミラーとバックミラーにも同時に向けます。目は当然前を向いたままです。
 同時に意識を向けることができると、視界が広がり普段より少し前方に対する注視が弱まった感覚がでてくると思います。
 最終的には前方8割、周りのミラー2割くらいの集中にできれば理想でしょうか。
 出来るようになるとどの瞬間に後の車がウインカーや車線変更、異常接近などをした時でも、瞬時に認識出来るようになります。

・車を運転しない方
 簡単に言うと視界を広げることが重要なので、歩いているときスマホをみながら周りの景色も視界に入る用に練習しましょう。車の中でも周りの景色の流れを感じ取りながらスマホを見ることで、車酔いをしにくくなります。

穿心は集中の形であって非常に繊細な感覚なので、一度取得出来たと思っても心が落ち着いていないと視界が狭くなることもわかると思います。
時間ぎりぎりで焦っていたりすると発揮できないので、時間に余裕を持った行動なども大事です。

穿心は個人的に、人生で身につけるに値する応用範囲の広い価値のあるスキルの一つと思っています。
是非会得して到来した移動スマホ時代の危険を軽減してください。

ではまた(=>ω<)ノ
スポンサーサイト

ポケモンGoのレベル上げのポイントは進化としあわせたまご

既に有名な話ではありますが、現状最も効率のいいレベル上げは進化で取得出来る500XPを活用することのようです。
よく出現して進化のアメが12個と少なくて済むポッポ、キャタピー、ビードルが最高です。
ゲットしたときにアメ3個、博士送りで1個てに入るので理論上は3匹集めるだけで一回進化が可能ということになります。

ポッポ

ビードル

コラッタは進化に必要なアメが25個と多めですが私の場合非常に多く出現するため、かなりアメがあつまっています。

コラッタ

これらのポケモンをいっぱいゲットして十分にアメを蓄えたら、30分の間あらゆるXPを2倍にできるしあわせたまごを使用してその間に一気に進化させましょう。
1匹あたり1000XP取得出来るので非常に美味しいです。
逆に言うとしあわせたまごが使えるようになるまであらゆる進化をできるだけ我慢します。

一気に進化


よく出るポケモンほどありがたいということで、みなさん邪険にせずありがたくゲットしましょう。

ではまた(=>ω<)ノ

最強のポケモンGO端末は結局iPhoneなのか?

ギリギリ世代ではないので、ポケモン知識ゼロなのですが、Ingress Agentなこともあり折角なので始めてみました。
プレイ中に気づいたことなどを備忘録代わりに残してみたいとおもいます。

始めてみるとまず感じるのが端末による挙動の違い。
建物の中で座っている時などにポケストップが範囲にあるとウハウハなのですが、”GPS信号をさがしています”と出てしまうとポケモンが出現してもゲットすることも出来ずガックリです。
私は念のため普段使いのAndroid / iPhone両方にゲームをインストールしているので比べてみていると、Ingressと同様に、屋内でもプレイ可能であり続ける時間はiPhoneが圧倒的に長いです。

技術的には、WiFiを有効にしてる時、周りに存在するWiFIアクセスポイントなどの情報からも位置情報を補正しているのですが、現状ではiPhoneのほうがその情報量が圧倒的に多いためと推測されます。
私は常にiPhoneのWiFiは有効にしているのですが、これを切ってしまうとiPhoneでもすぐにGPSの信号を探し始めます。
Wifiを常に有効にしてもたいして消費電力は増えないため、せっかくなので常に有効にしておきましょう。

Andoridでは屋内でWiFiを有効にしていても残念ながらGPSをずっと探し続けているパターンが多いです・・・。

近日中にAndroidは最新のXperia X Performanceに変わる予定なので比較評価してみたいとおもいます。

ではまた(=>ω<)ノ

ほんとにいいのはどっちだ?Windows 8.1タブレットの8" vs 10"

PC Watchの山田さんが最近よく言及されていますが、生活にも大分密着してきたタブレットの次の流れがどこにくるのか、大変興味深いところです。

PC Watch: タブレットの主戦場はどこだ

普通に考えればタブレットOSとしてはiOS, Androidに次ぐ第3勢力のWindowsの隆盛は厳しいのですが、Windows 8.1はOSとしての使い勝手は結構よくなって来ていますし、Full Windows Experienceがプラスでついてくるのはやはり非常にメリットが大きいでしょう。

日本では電車の中では10"は大きい、片手で持つには重い、という背景もあり8"の大攻勢が予想され、私もClover TrailなAcer Iconia W3をしばらくは興奮を持っていいわ・・・と使用していました。
しかし10"も平行して持ち歩いていると、8"で大勢を占めている1280x800という画面情報量ではやはり不足がちに思えてきます。
結局8"はわずか2週間で使わなくなり、防水もあるので使う場所を選ばない10"のQH55/Jのみ使うようになっていました。

8"と10"、それぞれの特徴をまとめるとこんな感じでしょうか。

8"
メリット: 軽い、コンパクト、安い
デメリット: バッテリー容量が小さいため10"に比べると動作時間が短い、便利なFull USB Portの実装がまず望めない、1280x800だと、HWレイアウトのSWキーボード、スナップ機能が使えない。


10"
メリット: 解像度が1366x768より大きいものが多くOfficeの編集作業などもしやすい、画面の情報量が多くタブレットとしてWindowsのフル機能を使いやすい、ファンレス筐体にとって難しい廃熱効率がよく、スペック・パフォーマンスをあげやすい、バッテリー容量が大きい
デメリット: 重い、大きく電車などでは使いにくい、バッテリー・パネル解像度などスペックが充実するため価格が高くなりがち。

私が恐れているのは、8"がいいとみな買い求めしばらく使っているうちに、その8"の欠点のためにWindows Tabletとしての魅力を引き出しきれないユーザが増え、結局せっかくもりがってきたWindows Tabletをタンスの肥やしにしてしまう事態を産みやすいのではないか?、ということです。

なので8"を安易にすすめる最近のメディアの流れは大丈夫かな?と心配しています。
Surface 2などと直接競合するからなのか、MS自身も8"だけOfficeを安くして10"には優遇をしていないのも気にかかります(自滅をまねく?)
ユーザにとっては色んな選択肢が残されていて欲しいため、10"のWindowsタブレットにも個人的には頑張ってもらいたいです。
まぁ、8"で1920x1200くらいあって防水があればそれもまたよしですけどね・・・
タッチがほとんど使えないほど細かくなるのでデジタイザの出来との勝負になりそうですが。

ではまた(=>ω<)ノ

最強お風呂タブレット Arrows Tab QH55/M (WQ1/M)レビュー

お久しぶりです。
Bay trailな新世代Arrows Tabの直販モデルWQ1/M(店頭モデルはQH55/M)が遂に届きましたので、一週間ほど使用したレビュー結果をお届けします。
Arros Tab WQ1M

・画面がきれい
さて、まず最初に立ち上げて思うのは、画面の美しさです。
2560x1600の解像度は伊達じゃありません。
オープニングのメトロ画面は写真が貼り付けてあるのかと思うほどです。

次にタッチで操作しやすくするためにまずゆったり設定miniのアプリを探しましたが見つかりません・・・。
ボタンを押しやすくするいいアプリだったのになぁ。
とりあえずデスクトップ右クリック->画面の解像度->テキストやその他の項目の大きさの変更から、タイトルバーの大きさだけ20ほどにしました。

・快適になった艦これ
早速まず艦これをやってみます。
装備の変更でちょっと引っかかりますが、まぁ普通のパソでもこれは出たりするので。
艦これのFlashのAPI自体に何か問題があるのでしょう。

(2013/11/27のシステムメンテナンスで装備変更動作の軽量化が行われました、これでBay Trailでは死角なし!?)
去年のモデルで起動時に出ていたパフォーマンスの警告ダイアログも出ず、QH55/Jと比べると他の全ての操作は快適過ぎます。
長時間やってると筐体が熱くなって、Burstの2.4GHzが出なくなって少し遅くなる傾向があるように思いますが、筐体は触れないほどにはならないです。
どんだけ重いんじゃ艦これ・・・。

・スクリーンショットがとれるアプリケーションボタン長押し機能が便利
左側一番下にあるボタン(写真では一番右)を短く押すと便利メニュー、長く押すと画面のスクリーンショットが撮れます。
ブログとかに便利かも。
ArrowsTabWQ1M_Left_Side.jpg


・Full USB3.0 Portがありがたい
Full USB3ポートがついた点も見逃せません。
USB Flashを使用したパソとの気軽なデータ交換、大容量バッテリーを活かした携帯への充電と周辺機器の使い勝手は最高です。
写真右から、ACアダプタ差し込み口、Micro USB, USB3.0 FUll, Micro SDポート。
USBPort.jpg


・USB充電機能は補助的
アロタブにはもう一つMicro USBポートがあり、お約束のUSB充電が可能です。
充電速度は本モデルでも遅いようで、1時間半シャットダウン状態で充電して8%回復。
恐らく500mAくらいしか出ていないので、寝る前に繋いで一晩置いておく補助充電機能として捉えるのが良さそうですね。

・便利な指紋認証
お次は新しく追加された指紋認証機能です。
標準で付いているOmni passは苦労して指紋登録をしても、ログイン時に殆ど認証が通りません。
10回やって一回通ればいい方で、耐えかねてアンインストールさせて頂きました。
設定から登録できるwindowsの標準の指紋認証のほうが認識率が高いので実用レベルな印象です。

・Clover TrailなQH55/JのACアダプタが使える。
Bay Trailアロタブ君はACアダプタの直差しが出来るように改良されていますが、前モデルのQH55/Jのアダプタがそのまま使えるのは助かります。

・お風呂で大活躍のデジタイザ
さて、アロタブといえば防水機能を活かしたお風呂での使用ですが、今回から付属になったデジタイザが便利すぎます。
濡れてタッチ操作がしにくくなってきたときでもちゃんと反応するので、お風呂でもちゃんと使い物になるようになりました。
ペンだけIPX2らしいので水没は危険ですけど。

・DQ10が動く
オフィシャルベンチマークをとるとスコアが1400ほどで重いとか結果がでましたが、解像度を小さくすれば普通にプレイ可能でした。
出先での補助的な使い方なら全然行けそうですね。

dq10.png

3DMark Metro版が出ていたのでスコアを測ってみると、QH55/Jに比べてマジで5倍になってました。3000->15000
なんか色々なゲーム動かせそうですね。

QH55M_3DMark.png


総論
100gほど前機種から重量が重くなりましたがパフォーマンスがすごくよくなったのでますます活躍してくれそうです。
他のBay Trailの機種と比べても少し高価ですが、128GBのメインストレージ+4GBメモリのオプションがあるのはいまんとこアロタブだけみたいなので、Bay Trailの魅力を最大限に引き出せますし、長いこと使えていい買い物なんだろうなと思っています。
先日やっと注文できたキーボードとドッキング、早く来ないかなぁ。

ではまた(=>ω<)ノ
カウンタ
プロフィール

ふぃお

Author:ふぃお
某プロセッサメーカーでエンジニアをしています。
皆さんのお役に立てる板を目指しています。
Twitter @Fiomina

今んとこのカバー内容
・WIN小ネタ
・各種ガジェット
・ポケモンGo
・艦これ

現在のレギュラーガジェット
・PC: Let's Note RZ5 (Skylake)
・Tablet: Sony Xperia Z3 Tablet Compact
・携帯: Fujitsu F-04G (Docomo) iPhone 6s+ (IIJ) , Xperia Z5 Premium (DTI)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。