憎悪の連鎖が増すこの時期に劉暁波氏の発言がクローズアップされる意味

「私には敵はいない ー私の最後の陳述ー」 劉暁波 2009年12月23日
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/luixiaobo_fulltext.html
反日報道だけを気づかれない程度に紛れ込ませている現在のNHKは、下記の部分がマスコミの報道の自由を説くのに有利なコメントというだけではなく、自重も含まれている劉さんの高尚な発言であることに気づかなかったのでしょう。
 「多数意見と少数意見がともに等しく扱われることを。とりわけ、権力者と違う考え方であっても、十分に尊重され、守られることを」

NHKのサイトでこれが訳されていることは、自身が反日の偏向報道を助長しているだけに大変皮肉な話です。

加計問題は正直スキャンダルのようなネタなので関心がありませんでしたが、たまたま視聴した先日の前川さん参考人招致の中継を観て、まず前川さんへの質問の対応に驚きます
「この書類を前川さんが作成してばらまいたのなら茶番なんですがNOですよね?」(うむたしかにそうだ)
前川さん「お答えを差し控えます」

!?Noのひとことで終わりじゃん、ん、このあとの議論が全部茶番になるんだけど!?

不思議なことにその追求はその場で終わってしまい、しばらく後に加戸さん登場。
「行政はむしろ正された、話は現地の議員と加計学園理事が知り合いだったからはじまった、何が問題なのか」

およ、なんか全部しっくりきた、確かにそうだわ。安倍さんほど顔が利く人が、たまたま知り合いだったというのはまぁある話か。
その時は、までも総理が俺の友達だから文科省に圧力かけてつくらせたのならそれは問題か・・・。
あれでもこんなプライバシーもへったくれももはやない世の中で総理が圧力かけて作らせたら即バレするし、なんかしっくりこないなぁ、程度でした。
中継の視聴が終わった感想は、前川さん側からは何も新しい事実は出てこなかったけど、加戸さん、青山さんかっこよかったなぁ、まぁ夜のニュースで総括されるだろ。でした。

その日の夜のNHKニュースウォッチ11「前川氏はあらためて官邸の関与の疑いを指摘、疑惑は更に深まりました」

は!???
あの中継の総括がこれ!??
加戸さんも青山さんもいないとかまったく意味がわからないんですけど!!!??


それまで盲信していたNHKの報道にさすがに疑問を感じネットで調べていくと、なぜか各局が同じように理解不能な報道をしているばかり。
もっと調べていくと案の定”偏向報道”という言葉にたどり着き、放送法遵守を求める視聴者の会の存在や、過去のNHK / TBS / テレビ朝日のニュース報道の実体に驚かされました。
百田さんは既に永遠のゼロで知っていましたが、上念さん、小川さんといった非常に論理的で冷静な活動家、熱血政治家青山さんの名前も恥ずかしながら今回知りました。

反日マスコミへの憎悪から偏向報道関連の猛ツイートをしていくなかで、左派の方々への憎悪が高まってしまいましたが、今回の問題で政府側の対応は対照的に非常に真摯でしたので冷静になれました。

安倍さんも動き始めたということなので、偏向報道には今後メスが入ることになるでしょう。
ただ私達が今後注意しなければならないのは、怒った国民が安倍政権を盲信したあげく寄ってきたゴミ政治家が腐敗をしたり、私の周りにも大勢いらっしゃる善良なマスコミの方々や、長年日本に住んでいて既にまともな考えを持っている在日の方々への差別による憎悪の連鎖が起きることです。
TV/新聞/週刊誌が平然と偏向報道をするようになったのは、彼らだけが悪いわけではありません。
ワイドショーやゴシップに飛びついて喜ぶ国民全体もそれを作ることに加担してきたはずです。

おそらく来週の国会で安倍さんの大岡裁判が下るかとおもいますが、私達の敵は中国共産党や、韓国の反日洗脳教育という間違った”思想”であり、それに洗脳された左派も含めた人達そのものではないことは心に留めていく必要があると思います。
劉さんの「私には敵はいない」は、そういった考えまで含んでいるのではないでしょうか。
伊藤博文、福沢諭吉、本田宗一郎などの偉人も韓国との距離の置き方について言及してはいますが、憎悪を煽る曲解はすべきではないと思いますし、日本がこのような状況の中亡くなった劉氏の命がけのようなメッセージについて、今の私達こそが真摯に受け止めなければならない貴重なメッセージだと思いました。

安倍総理が動いた!NHKの反日報道にメスが入る!マスコミ偏向報道へ日本政府の反撃!隠された反日工作を暴く
スポンサーサイト

[ポケモンGO] 移動中スマホは宮本武蔵"観の目"を鍛えてからにすべし

移動中ポケモンGOに夢中になって事故が多発し、警察が取り締まったり社会問題になっていますね。
移動中スマホは確かに危険なのですが、現実的には地図をみながら目的地に移動したり、ついスマホを注視してしまう世の中になっていることは確かです。
運転中カーナビの案内を見る一瞬も危険は同じでしょう。

なので、移動中スマホをしても危険を軽減できる方法も模索しましょう
私がオススメするのは集中の方法の一種で、宮本武蔵の兵法書「五輪書」にも登場する"観の目"を身につけることです。
とても大事な技術だと思うのですが、最近私のマイブームな100分de名著の五輪書特集では一瞬だけしか触れられて無くてちょっと残念でした。
私が大好きな漫画、うしおととらにも"穿心"という似たような概念が登場します。
極端な例ですが、漫画ドラゴンボールで大きくなったばかりの悟空が天下一武道会で天津飯と対戦したとき、分身して後にいるのに手刀で狙っていると指摘する場面がありますが、それも近いと思います。
速読などでもそうですが、どの分野でも達人の域に到達する課程で類似の表現が多々登場します。

Musashi Eye


ちょっとオカルト的な感じもしますが、実は意識してトレーニングすれば身につけることが出来、日常生活にもものすごく応用範囲が広いです。

五輪書で説明されている内容はその感覚を理解できている人でないと難しい表現になっていますが、私はうしおととらの中のこの表現が分かりやすいと思っています。

”集中し、なおかつ心をひとつところに留めぬこと”

観の目の取得が出来ると、私が感じる限り最低でも下記の副産物があります。
・車の運転が上手になる
・後の車がウインカーを出したことを、普通に前を見て運転中瞬時に認知できます
・私の場合は前後左右計9台の動きが常に見えていて、運転手が首を振って左右を見たりしてもすぐにわかるので危険予測に大変役立っていると思います
・心が静かになるので、日常生活でイライラすることが少なくなる
・車に酔わなくなる
・スマホ老眼にならなくなる
(長時間のパソコン作業でも目が疲れにくくなる)

穿心(この表現が好きなので以後使用します)の会得方法
・車を運転する方
 やること自体は単純です。
 普段は当然前を向いて運転していますが、フロントガラスの情報には当然注意しつつ、意識を左右のサイドミラーとバックミラーにも同時に向けます。目は当然前を向いたままです。
 同時に意識を向けることができると、視界が広がり普段より少し前方に対する注視が弱まった感覚がでてくると思います。
 最終的には前方8割、周りのミラー2割くらいの集中にできれば理想でしょうか。
 出来るようになるとどの瞬間に後の車がウインカーや車線変更、異常接近などをした時でも、瞬時に認識出来るようになります。

・車を運転しない方
 簡単に言うと視界を広げることが重要なので、歩いているときスマホをみながら周りの景色も視界に入る用に練習しましょう。車の中でも周りの景色の流れを感じ取りながらスマホを見ることで、車酔いをしにくくなります。

穿心は集中の形であって非常に繊細な感覚なので、一度取得出来たと思っても心が落ち着いていないと視界が狭くなることもわかると思います。
時間ぎりぎりで焦っていたりすると発揮できないので、時間に余裕を持った行動なども大事です。

穿心は個人的に、人生で身につけるに値する応用範囲の広い価値のあるスキルの一つと思っています。
是非会得して到来した移動スマホ時代の危険を軽減してください。

ではまた(=>ω<)ノ

ポケモンGoのレベル上げのポイントは進化としあわせたまご

既に有名な話ではありますが、現状最も効率のいいレベル上げは進化で取得出来る500XPを活用することのようです。
よく出現して進化のアメが12個と少なくて済むポッポ、キャタピー、ビードルが最高です。
ゲットしたときにアメ3個、博士送りで1個てに入るので理論上は3匹集めるだけで一回進化が可能ということになります。

ポッポ

ビードル

コラッタは進化に必要なアメが25個と多めですが私の場合非常に多く出現するため、かなりアメがあつまっています。

コラッタ

これらのポケモンをいっぱいゲットして十分にアメを蓄えたら、30分の間あらゆるXPを2倍にできるしあわせたまごを使用してその間に一気に進化させましょう。
1匹あたり1000XP取得出来るので非常に美味しいです。
逆に言うとしあわせたまごが使えるようになるまであらゆる進化をできるだけ我慢します。

一気に進化


よく出るポケモンほどありがたいということで、みなさん邪険にせずありがたくゲットしましょう。

ではまた(=>ω<)ノ

最強のポケモンGO端末は結局iPhoneなのか?

ギリギリ世代ではないので、ポケモン知識ゼロなのですが、Ingress Agentなこともあり折角なので始めてみました。
プレイ中に気づいたことなどを備忘録代わりに残してみたいとおもいます。

始めてみるとまず感じるのが端末による挙動の違い。
建物の中で座っている時などにポケストップが範囲にあるとウハウハなのですが、”GPS信号をさがしています”と出てしまうとポケモンが出現してもゲットすることも出来ずガックリです。
私は念のため普段使いのAndroid / iPhone両方にゲームをインストールしているので比べてみていると、Ingressと同様に、屋内でもプレイ可能であり続ける時間はiPhoneが圧倒的に長いです。

技術的には、WiFiを有効にしてる時、周りに存在するWiFIアクセスポイントなどの情報からも位置情報を補正しているのですが、現状ではiPhoneのほうがその情報量が圧倒的に多いためと推測されます。
私は常にiPhoneのWiFiは有効にしているのですが、これを切ってしまうとiPhoneでもすぐにGPSの信号を探し始めます。
Wifiを常に有効にしてもたいして消費電力は増えないため、せっかくなので常に有効にしておきましょう。

Andoridでは屋内でWiFiを有効にしていても残念ながらGPSをずっと探し続けているパターンが多いです・・・。

近日中にAndroidは最新のXperia X Performanceに変わる予定なので比較評価してみたいとおもいます。

ではまた(=>ω<)ノ

ほんとにいいのはどっちだ?Windows 8.1タブレットの8" vs 10"

PC Watchの山田さんが最近よく言及されていますが、生活にも大分密着してきたタブレットの次の流れがどこにくるのか、大変興味深いところです。

PC Watch: タブレットの主戦場はどこだ

普通に考えればタブレットOSとしてはiOS, Androidに次ぐ第3勢力のWindowsの隆盛は厳しいのですが、Windows 8.1はOSとしての使い勝手は結構よくなって来ていますし、Full Windows Experienceがプラスでついてくるのはやはり非常にメリットが大きいでしょう。

日本では電車の中では10"は大きい、片手で持つには重い、という背景もあり8"の大攻勢が予想され、私もClover TrailなAcer Iconia W3をしばらくは興奮を持っていいわ・・・と使用していました。
しかし10"も平行して持ち歩いていると、8"で大勢を占めている1280x800という画面情報量ではやはり不足がちに思えてきます。
結局8"はわずか2週間で使わなくなり、防水もあるので使う場所を選ばない10"のQH55/Jのみ使うようになっていました。

8"と10"、それぞれの特徴をまとめるとこんな感じでしょうか。

8"
メリット: 軽い、コンパクト、安い
デメリット: バッテリー容量が小さいため10"に比べると動作時間が短い、便利なFull USB Portの実装がまず望めない、1280x800だと、HWレイアウトのSWキーボード、スナップ機能が使えない。


10"
メリット: 解像度が1366x768より大きいものが多くOfficeの編集作業などもしやすい、画面の情報量が多くタブレットとしてWindowsのフル機能を使いやすい、ファンレス筐体にとって難しい廃熱効率がよく、スペック・パフォーマンスをあげやすい、バッテリー容量が大きい
デメリット: 重い、大きく電車などでは使いにくい、バッテリー・パネル解像度などスペックが充実するため価格が高くなりがち。

私が恐れているのは、8"がいいとみな買い求めしばらく使っているうちに、その8"の欠点のためにWindows Tabletとしての魅力を引き出しきれないユーザが増え、結局せっかくもりがってきたWindows Tabletをタンスの肥やしにしてしまう事態を産みやすいのではないか?、ということです。

なので8"を安易にすすめる最近のメディアの流れは大丈夫かな?と心配しています。
Surface 2などと直接競合するからなのか、MS自身も8"だけOfficeを安くして10"には優遇をしていないのも気にかかります(自滅をまねく?)
ユーザにとっては色んな選択肢が残されていて欲しいため、10"のWindowsタブレットにも個人的には頑張ってもらいたいです。
まぁ、8"で1920x1200くらいあって防水があればそれもまたよしですけどね・・・
タッチがほとんど使えないほど細かくなるのでデジタイザの出来との勝負になりそうですが。

ではまた(=>ω<)ノ
カウンタ
プロフィール

ふぃお

Author:ふぃお
某プロセッサメーカーでエンジニアをしています。
皆さんのお役に立てる板を目指しています。
Twitter @Fiomina

今んとこのカバー内容
・WIN小ネタ
・各種ガジェット
・ポケモンGo
・艦これ

現在のレギュラーガジェット
・PC: Let's Note RZ5 (Skylake)
・Tablet: Sony Xperia Z3 Tablet Compact
・携帯: Fujitsu F-04G (Docomo) iPhone 6s+ (IIJ) , Xperia Z5 Premium (DTI)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR